FC2ブログ
 カメラ片手に西東 今日は何を撮ろうかな?
プロフィール

tama

  • Author:tama
  • 猫が好き
    写真も好き
    ラーメンも好き
    お酒はちょっと好き(笑)

カウンター


ブログ内検索


リンク


ブロとも申請フォーム


マウスについてくる犬の足跡


▲pagetop

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


最近の記事+コメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


RSSフィード


▲pagetop

VS資生堂


化粧品の動物実験反対デモ
に先駆け
資生堂に質問を投げかけてみた。

私が問う内容はJAVAを参考にさせていただき
プラス自分の聞きたい事を聞いています。
こんな感じ

1)動物実験を行なっていないかどうか、または他機関へ委託していないかどうか
2)製品の製造を委託している会社が動物実験を行なっていないかどうか
3)原料を供給しているメーカーが貴社の製品原料について“現在”動物実験を行っていないかどうか
4)グループ会社が動物実験を行なっていないかどうか、他機関に委託していないかどうか
5)アレルギーテストはどのようにおこなっているのか

それにブログをやっているので記載の有無を確認してます。
資生堂は拒否しなかったので、ほぼ全文記載します。

上記に記した質問への回答です。

資生堂の回答は青字 私の返信はオレンジね!

tama 様

この度は、資生堂へ動物実験に関するご意見をいただきありがとうございました。

当社は日本を含む世界各国で定められた化粧品法規を遵守しつつ、より安全で、より有用な製品をお客さまに提供することが大きな使命であると考えています。
また、同時に当社は動物愛護の精神を尊重しています。

現在当社では上記使命を全うするため、法規制上必要な場合、代替法が確立されていない場合等、不可欠と判断される場合以外は動物実験を実施しておりません。

また、当社は、1981年より、動物を使わない安全性試験法(代替法)の開発に積極的に取り組み、研究成果を各国の学会で発表し、その成果を広く社会で共有いただくよう努めてきました。

その結果、当社が開発した代替法は国内外において高く評価されており、1991年以来、日本動物実験代替法学会において「ゴールデンプレゼンテーション賞」を11回受賞しています。
これは歴代で最も多い受賞回数です。

当社は一日も早い動物実験の全廃を目指して、これまで以上に積極的に代替法開発に取り組むとともに、国内外の同業他社との共同研究も視野に入れて、業界全体でこの課題に取り組んでいく環境整備に積極的に尽力していきます。

資生堂グループの製品の安全性に対する姿勢をご理解いただき、今後とも変わらずご愛顧くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

資生堂 お客さま窓口  伊● ■佐


これは
動物実験に関して問い合せた際に使う定型文
この回答が来るのはわかっていたので次なる質問へ

伊● ■佐 様

お忙しい中ご返信ありがとうございました。

「現在当社では上記使命を全うするため、法規制上必要な場合、代替法が確立されていない場合等、不可欠と判断される場合以外は動物実験を実施しておりません。」
との返答ですが
あいまいな返答でわかりにくいです。
必要とあれば動物実験をしている
と、いう事でしょうか?
ちゃんと私が挙げている質問へ返答をください。
再度質問をさせていただきます。

1)動物実験を行なっていないかどうか、または他機関へ委託していないかどうか
2)製品の製造を委託している会社が動物実験を行なっていないかどうか
3)原料を供給しているメーカーが貴社の製品原料について“現在”動物実験を行っていないかどうか
4)グループ会社が動物実験を行なっていないかどうか、他機関に委託していないかどうか
5)アレルギーテストはどのようにおこなっているのか

尚、動物実験をしている場合は
6)どのような方法で実験を行なっており、どのように処分をしているのか
7)その事に対してどう思っているのか

も付け加えさせていただきますので●/●日までにご返答ください。

よろしくおねがいします。

さて
どうでるか

tama 様

日頃は資生堂化粧品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
またこの度は、お問い合わせいただきまして、重ねてお礼申し上げます。

申し訳ございませんが、お問い合わせいただきました内容につきましては、ご案内をさせていただいておりません。
何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

当社は一日も早い動物実験の全廃を目指して、これまで以上に積極的に代替法開発に取り組むとともに、国内外の同業他社との共同研究も視野に入れて、業界全体でこの課題に取り組んでいく環境整備に積極的に尽力していきます。

資生堂グループの製品の安全性に対する姿勢をご理解いただき、今後とも変わらずご愛顧くださいますよう、何卒、よろしくお願い申し上げます。

資生堂 お客さま窓口  伊● ■佐


これも動物実験に関して問い合せた際に使う定型文
そんな製品は理解できないし、ご愛顧もしておりませんので
再度

伊● ■佐様

ご返信ありがとうございます。
日頃から資生堂は愛用しておりません。
使用してみたいのでメールで問い合させていただいているのですが案内をしていただけないのに了承できるはずがありません。
同じ内容を他の会社にも問い合せていますが他の会社は自社の製品に自信をもっており隠し事をせず答えてくださっています。
製品の曖昧さしか伝えていただけずに、使用できるはずがありません。
何ゆえ案内できないのかを返答願います。

資生堂の使用を考えている顧客の意見に対して資生堂の返答は?

tama 様
このたびはお問い合わせいただきまして、お礼申し上げます。

弊社の考え方につきましては、先日で返信させていただいた通りでございます。
誠に申し訳ございませんが、お問い合わせの件につきましては、ご案内いたしておりません。
何卒、ご理解下さいますようお願い申し上げます。

資生堂 お客さま窓口 伊● ■佐

拒否です。
あれだけ「ゴールデンプレゼンテーション賞」を11回受賞
とか誇らしげに返信してきたのに突っ込まれると貝のようです。
この返信に想像だけして資生堂の製品を使えと?

さらにしつこく返信です。

伊● ■佐様

案内できないという事は資生堂は動物実験をしており
自社の製品に自信がないという事でよろしいねすね?
最初に申した通り返答内容をブログに記載させていただきます。

以後返信ナシ
代替法に力は入れているが
動物実験をしていないとは言わない。
してるからでしょ!
既に安全性が確認された原料も沢山あります。
動物実験をしなくても製品は作れるんです。
利益の為に新製品を開発させ動物たちを実験に使い、苦しめたのちに殺して捨てる。
そんなことをしてまで得る商品を私は使いたくないのです。

長文スマソでした。






ジャンル:ヘルス・ダイエット テーマ:コスメ・スキンケア
2009⁄03⁄05 00:09 カテゴリー:道草動物 comment(3) trackback(0)
▲pagetop












コメント



初めまして!
とても楽しく拝見させていただきました!

実は私も、資生堂など何社かに動物実験の質問をしたところでした。
ゴールデンプレゼンテーション賞ってなんだろう?と思い検索したところ、このpageにたどり着きました。
tamaさんの日記を見て私も引き下がらなければ良かった!と後悔してます((+_+))

実際ゴールデンプレゼンテーション賞なんて検索しても資生堂のページとかしかHitしないので、資生堂が勝手に作った賞なのかな?とか思ってしまいました…。
2009/04/15 22:17URL | usagi[ 編集]


>usagi様
ようこそ! はじめまして。
ゴールデンプレゼンテーション賞って
とてもアテにならない賞だそうですよ。
私は最近は資生堂に電話してます。
「動物実験を『している』・『していない』で言うなら『しています』」とハッキリ言ってました。
上辺だけ奇麗事を言うんじゃないよ~
って感じですね。
usagiさんも何度もアタックですよ!
2009/04/17 11:24URL | tama[ 編集]


やっぱり!
アテにならない賞なんですね!

さすが、大手だけあって
上手な言い訳考えてますね(゜-゜)

またブログ覗かせて頂きます(#^.^#)
2009/04/17 19:37URL | usagi[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2019 道草日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder