FC2ブログ
 カメラ片手に西東 今日は何を撮ろうかな?
プロフィール

tama

  • Author:tama
  • 猫が好き
    写真も好き
    ラーメンも好き
    お酒はちょっと好き(笑)

カウンター


ブログ内検索


リンク


ブロとも申請フォーム


マウスについてくる犬の足跡


▲pagetop

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


最近の記事+コメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


RSSフィード


▲pagetop

毛皮の作り方


日に日に涼しくなってきた今日この頃
巷では
秋冬ものが増え始め
毛皮を目にすることが多くなり、毛皮を剥がされる動物たちにとって
過酷な季節がやってきました。

毛皮にされる動物たちには
キツネ・タヌキ・ミンク・アライグマ・ウサギ・チンチラ・野生動物などがいて
イヌやネコも毛皮を剥がされています。

動物の死体
よく身に着けられるよね。
私は
虐殺された動物たちの無念さを思うと触れません。


毛皮の作り方(私の見た範囲)

①中国の毛皮養殖場では、寝床も屋根もなく床は金網なので、金網が足に食い込み皮が剥け、骨が剥き出しの動物たちが狭い檻の中で1~2匹ずつ飼育され、檻の中の動物たちはストレスや飢えで精神に異常をきたし、共食いをしたり、グルグル回ったり、行ったり着たりの異常行動が見られる。

②毛皮を剥がされる動物たちは、肛門と口に電極棒を差し込まれ感電させたり、棒や鎌で何度も頭部を殴られたり、後ろ足を掴まれ頭部を何度も地面に叩き付け、失神させる。でも多くの動物は、毛皮を剥ぐプロセスの途中で意識を取り戻し、生きたままの状態で皮を剥がされる。

③ナイフで腹部の下の方から毛皮を剥がされていき、後ろ足から前に向かって徐々に頭部も含めて完全に毛皮を引き剥がされながらも、最後の最後までもがき、苦しみ、悲痛な叫び声を上げながら抵抗を続けている。

④毛皮が完全に剥がされた後も生きているため、立ち上がろうとしたり、瞬きを続けている。

それでも毛皮を身に着けられますか?

鞄・コート・襟元・靴・手袋・キーホルダー…
100均の商品にまで毛皮がついています。
動物たちは毛皮がないと生きていけません。
日本では毛皮がなくてもヒトは生きていけます。

ファッションの為だけに残酷に殺される毛皮に
私は反対です!

私の見た動画(残酷で惨いです)





Fur-Free.com





ジャンル:ファッション・ブランド テーマ:おしゃれ最新情報
2008⁄09⁄23 23:04 カテゴリー:道草動物 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2019 道草日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder